禁煙治療の失敗者は必見!チャンピックスを最安値で通販する

チャンピックスを通販(個人輸入)で購入する方法

ショッピングカートとスマートフォン

チャンピックスは個人輸入で購入が可能

チャンピックスは通販(個人輸入)で購入が可能です。本来の個人輸入とは、ユーザー個人が海外へ渡航し、現地のドラッグストアなどで医薬品を購入して日本に持ち帰るということを指します。しかし、高額な渡航費や宿泊費に加えて言葉の問題もあることから非現実的です。

また、税関では関税の支払いが発生したり、手続きの方法を間違えば、最悪の場合商品を没収される可能性もあります。余程法令を熟知している方でも無い限りはハードルの高い方法です。

しかし、個人輸入代行業者を使えば、そういった面倒な手続きを全て代行してもらえます。

海外に拠点を置く仲介業者に一般的なオンライン通販サイトと同じように商品を発注すれば、あとは配達されるのを待つだけです。日本国内の宅配事業者と提携している仲介業者もあります。荷物追跡を行えば注文した商品が現在どこにあるのかをほぼリアルタイムに知ることも可能です。

個人が必要とする範囲であれば関税がかかることはまず考えられません。しかし、ごく稀に税関の判断で関税を課せられてしまう場合もあります。

その時は宅配便のドライバーが関税の出納を代行してくれるので、商品を受け取るのと同時に現金で支払います。

チャンピックスの通販は違法じゃないの?

医薬品の個人輸入は、日本の法律でも認められています。自身が海外に渡航して現地でチャンピックスを購入して持ち込んでも、個人輸入代行業者から購入しても全く問題はありません。

ただし、それが認められるのは、自身で利用する場合に限られています。仕入れや転売が目的であると、税関で判断された場合は、関税が課せられます。場合によっては没収されることもあるのです。

ポイントとなるのが価格や数量です。ユーザー個人が1ヵ月程度服用する範囲であれば問題ありません。個人輸入代行業者でもそれらの事情は把握しており、まとめ買いのセット販売でも最大で1ヵ月分の数量に留めるなどの配慮がされています。

また、日本国内で医薬品を販売するためには厚生労働省の承認を受ける必要があります。チャンピックスは、医師の判断で処方箋を出せる処方薬としての承認は受けています。しかし、ドラッグストアやオンライン通販サイトなどで販売できる一般医薬品の承認は受けていません。

その一方で諸外国では法体系や安全基準が全く異なります。チャンピックスは、ドラッグストアやスーパーなどでも気軽に購入できるのです。

チャンピックを通販で買う方法

通販サイトでは、海外版のチャンピックスが販売されています。そのため、パッケージや取扱説明書は英字表記です。しかし、錠剤の中身自体は、日本国内で処方されるものと何ら変わりはありません。通販で海外版のチャンピックスを購入すると考えてください。

チャンピックスのフルパックでは、全ての錠剤がオールインワンパッケージになっています。最初の1周間に服用するスターターパックと2週間目以降に服用するメンテナンスパックが同梱されています。これが、通販で購入したチャンピックスの場合は、シートにWEEK1、WEEK2とタイトルが記載されているのです。それぞれの錠剤の横には、服用する日数と共に朝に飲む人には太陽のマークが記載されています。夜に飲む方には月のマークが記載されているのです。初めて利用する方でも戸惑うことは少ないでしょう。

注文方法は一般的なオンライン通販サイトと同じように、購入したい商品をカートに入れて必要事項を入力して申し込むだけです。Amazonや楽天などの通販サイトを利用する感覚で購入できます。

到着までの日数は通販サイトが設立されている国にもよりますが、多くのケースでは1週間から10日程度で届きます。

ただし、どちらかの国で大型連休があるような季節にはさらに日数が加算されてしまうのも、海外通販の特徴です。必要であれば早めに注文しましょう。

チャンピックスの価格を入手経路ごとに紹介

お金と電卓

チャンピックスは禁煙外来では20,000円で購入できる

チャンピックスは、禁煙外来で保険適用して処方してもらうことができます。禁煙を目指す人にとってその値段がいくらかかるのかも気になるものです。

禁煙治療は、12週間かかるのですが条件を満たせば、保険適用されるようになります。ニコチン依存症管理料と処方せん料、診察料を含めて6,000円程度かかります。また、保険薬局での支払いが14,000円程度かかるので、合計12週間で20,000円が相場です。

中でも、チャンピックスの薬代は、12,000円程度かかってしまうので禁煙外来で支払う金額の大部分を占めていることが分かります。禁煙外来で条件を満たせば保険適用されるのは、禁煙を目指す人にとって嬉しいものです。それでも治療を受けるにはそれだけの費用がかかってしまうことを納得の上で始める必要があります。

12週間分のタバコ代よりは安いのですが、20,000円程度がかかります。少しでも安くチャンピックスを入手できる方法が無いかと模索している方も少なくありません。

ただし、禁煙外来なら専門的な診察を受けられます。これまで自力で禁煙を目指しても実現できなかった人も、診療を受けることで成功しやすいです。

チャンピックスを自費で購入すると6万円ほどかかる

チャンピックスは、一定の条件を満たせば保険適用されます。しかし、12週を経過した場合は保険適用から除外され自費診療で受けることになります。

その場合、薬代のほか、診察料、ニコチン依存症管理料、処方せん料が保険適用で3割の時に、2万円となります。そのため、自費だと6万円という高額な金額となるのです。そのため、禁煙意欲が薄れてしまうことが多いとされています。

金額が高いことで禁煙外来の診療を続けることがネックになってしまいます。結局、そのまま治療が途切れてしまうことで禁煙を目指せなくなってしまうのです。ただ、禁煙外来で初めての診察から1年以上経過して再受診した場合には、保険適用されるようになります。

1年以内であれば確実に、自費となることを知っておく必要があります。12週間を経過するまえに禁煙を成功させられるとは限らないために、自費診療へ移行する可能性もあることも理解して受診するようにしなくてはなりません。もちろん、承諾できなければ受診を中止することは選べます。

チャンピックスは通販では1万程度で買える

チャンピックスを通販で購入したい場合は、個人輸入代行サイトがあります。

禁煙外来で自費診療になって受診を断念したものの、チャンピックスを服用したい希望があるなら、通販がおすすめです。チャンピックス禁煙フルパックなら10,000円を切る価格で購入できるようになります。

さらに、まとめ買い割を活用すれば上記以上に安く購入することも可能です。送料の負担もなく無料なので、安心して購入ができるようになります。禁煙外来で12週間分の費用が20,000円です。

チャンピックス禁煙フルパックはメンテナンスパック2箱、チャンピックススターターパック2箱の購入に充てられる金額です。

個人輸入代行サイトでチャンピックスを入手することができれば、禁煙外来で診療を受けたくても治療が可能です。

また、自費診療や保険適用の条件を満たさなくて、継続できなかったとき、安い費用で禁煙を続けることができるのです。

できるだけ安く購入するなら、個人輸入代行サイトの中でもオオサカ堂と言えるでしょう。あんしん通販マートも最安値で入手できるので人気も高く、多くの方が利用しているので安心です。

チャンピックスは国内初の禁煙薬

禁煙を勧める医師

ファイザー製薬が販売した画期的な禁煙治療薬

チャンピックスとは、ファイザー製薬が販売している国内初の禁煙治療薬です。日本には多くのニコチン依存症患者がいます。しかし、バレニクリン酸酒石酸塩を成分とするチャンピックスが普及したことで、禁煙を実現した人が増えていきているのです。

チャンピックスは、ニコチンを含まず、脳内のニコチン受容体に高い親和性を持つため、ニコチン不要で禁煙治療ができます。

禁煙をした場合に問題となるのが離脱症状です。しかし、チャンピックスは、辛い離脱症状やタバコに対する執着を軽減できます。

チャンピックスは、アメリカのニューヨーク州に本社があるファイザー製薬によって造られています。ファイザー製薬は、2013年には医薬品の売上高で1位に輝いています。マンハッタンのミッドタウンに本社ビルがあるのです。

ファイザー製薬は、1949年に開発した抗生物質で成功を収め、積極的な買収によって巨大企業に成長しました。優れた新薬を会社ごと買収する手法が有名で、ファイザーモデルと呼ばれています。2003年に世界最大の製薬会社になったファイザーの日本法人は、渋谷区代々木にあり、2008年には日本法人が設立されてから55周年を迎えました。

チャンピックスが日本で製造承認を取得したのは2008年1月25日です。

禁煙ガムとの違い・チャンピックスにニコチンは入っていない

チャンピックスは、ニコチンを含まない新しいタイプの禁煙治療薬です。ニコチン依存症の喫煙者に対する禁煙治療が目的で開発されました。

チャンピックスが登場するまでの禁煙治療は、ニコチンガムやニコチンパッチなどのニコチン製剤禁煙が主でした。その後、ニコチンが含有されていないチャンピックスが登場し、主流な治療法へとなりました。

喫煙習慣がニコチン依存症であることが常識として広まり、日本でもニコチン依存症が治療対象疾患として認知されるようになります。

2006年には日本でもニコチン依存症管理料が新設されました。禁煙治療のための標準手順書に従い治療を行うことで、外来禁煙治療に保険が使えるのです。

チャンピックスは、ニコチン受容体と親和性が高く、ニコチンより先に結合します。そのため、少量の快感物質を放出させます。快感物質を放出させることで、ニコチンの禁断症状を軽くするのです。

また、ニコチン切れの症状を軽くするだけでなく、禁煙中にタバコを吸ってしまったときにまずく感じます。

チャンピックスの処方を受けるには、条件をクリアする必要がある

チャンピックスは、ニコチン依存症の人が使用する治療薬です。ニコチン依存症かどうかを判断するには、スクリーニングテストを受ける必要があります。

タバコを吸うと肺からニコチンが体内に取り込まれます。体内に取り込まれたニコチンは、α4β2ニコチン受容体に結合し、大量のドパミンが放出されることになるのです。

ドパミンは、脳内神経伝達物質で、大量に放出されると強い快感を得ることができます。ニコチンは、気分の調整を行うセロトニンなどの神経物質の分泌にも関係しているのです。

喫煙が習慣になりニコチンを常時摂取するようになると、神経伝達物質のコントロールをニコチンに委ねることになるのです。そのため、タバコを吸えないとドパミンが得られず、さまざまなニコチン離脱症状が出てきます。

そして、ニコチン離脱症状を避けるために喫煙を繰り返し、やがてニコチン依存症になるのです。禁煙外来では、タバコ依存症に係るスクリーニングテストで依存症と判断されると、保険が適用されます。

スクリーニング検査を行って、ニコチン依存度や喫煙状況などを丁寧にチェックすると、禁煙を治療をスタートする日を決めるのです。また、禁煙誓約書にサインをしなければいけません。禁煙治療を行う前に、強い意志が必要とされているからです。

チャンピックスの飲み方を解説

薬と飲み水

チャンピックスは経過日数によって飲み方が変わる

チャンピックスは、経過日数によって飲み方が変わります。
チャンピックスとは、禁煙のための飲み薬です。きちんと禁煙するためには、用法用量を守って服用する必要があります。

チャンピックスを飲み始める際は、禁煙を開始する予定日の1週間前を初日として考えます。初日から3日までは1日1回、0.5mg錠のチャンピックスを服用するのです。

チャンピックスは、食後に服用する必要があります。朝食後、昼食後、夕食後の日中であればいつでも服用が可能です。そのため、自分の都合の良いタイミングで服用するとよいでしょう。

また、服用する際には、必ずコップ1杯程度のお水かぬるま湯で服用しなければなりません。

このように、初日から3日までは、1日1回の服用となります。しかし、吐き気や頭痛、お腹のハリや精神異常などの副作用が出た場合は、早めに主治医への相談が必要となります。

この期間は、まだ喫煙が可能です。どうしても我慢できなくなったら、タバコを服用するようにしましょう。

しかし、自然とタバコを吸わなくても大丈夫な状態になった場合は、あえて吸う必要はありません。早めに禁煙期間に入ることで早めの禁煙が可能ともなるでしょう。

4日目以降のチャンピックスの飲み方は1日2錠になる

チャンピックスの4日目から7日目の飲み方は、3日目までとは異なり、用量が多くなります。4日目から7日目までは、0.5mg錠を1日2回服用することになるのです。

8日以降は朝食後と夕食後に服用しなければなりません。3日目までは、食後どのタイミングでも問題ありませんでしたが、4日目以降は必ず朝食後と夕食後になります。

最初の7日間はタバコを吸っても問題ありません。しかし、8日目からは、禁煙期間に入るため、タバコを吸うことは避ける必要があります。

8日目からは、さらにチャンピックスの用量が増えます。1mg錠を1日2回服用で、朝食後と夕食後に服用することになるのです。そして、合計12週間服用し続けます。

この期間に、タバコを吸いたい欲求がなくなり、禁煙に成功したと思う人も多いです。しかし、途中で服用を中止するということは絶対にしてはいけません。必ず主治医の指示通りに服用し続ける必要があります。

タバコを自分の判断でやめてしまうと、まだ治っていないのに治療を停止してしまうのと同じです。服用をやめると、離脱症状に悩まされたり、喫煙の欲求に耐えられなくなる可能性があります。

チャンピックスの服用期間は12週間から24週間

チャンピックスの服用期間は、12週間から24週間です。
基本的な服用期間は12週間とされています。12週間治療を行った場合は、半分ほどが人が禁煙を持続しているのです。そのため、効果を期待するためには、必ず12週間は服用することをおすすめします。

しかし、12週間という服用期間が終了しても、禁煙できないケースもあります。その場合は、主治医と相談した上で服用期間の延長をすることも可能です。12週間以降は、自由診療にはなり、金銭的な負担が上がります。

最大24週目までの服用が可能となります。12週目以降の飲み方は、8日以降の飲み方と同じで、1mg錠を1日2回服用します。

24週目まで服用し続けると、禁煙に成功する可能性は高いです。しかし、禁煙に失敗した場合は、チャンピックスが体に合わない可能性があります。担当医師に相談し、薬や治療法を変更する必要があるのです。ニコチンパッチなどのニコチン製剤へ移行が考えられます。

気になるチャンピックスの副作用……精神系の症状がでる?

不安で頭を抱える男性

精神病の既往歴がある人はチャンピックスの服用前に医師に相談する

チャンピックスを服用するなら、既往歴に精神疾患がある人は注意が必要です。精神系の副作用では、頭痛や不安などのほか、悪夢・抑うつ気分・興奮など、思考や行動の変化が生じます。

チャンピックスは、禁煙外来を利用することで処方される禁煙治療薬です。チャンピックスが脳内のニコチン受容体に結び付き、禁煙時の禁断症状を抑えます。禁断症状を引き起こすドパミンを抑える主作用以上に、興奮を鎮め過ぎた結果、気分が落ち込むという副作用を引き起こす恐れがあるのです。

チャンピックスを服用すると、精神症状の副作用が生じる恐れがあります。チャンピックスの精神症状は、うつなどの精神疾患の既住歴を持たない人も現れることがありますし。また、精神疾患の既往歴を持つ人などの場合、パニック障害や統合失調症などの症状が現れたり、悪化させたり危険があります。また、一度治ったのに、チャンピックスの服用でうつの症状が再発してしまう可能性もあるのです。

精神疾患の既往歴がある場合は、初診時に医師に伝えることが大切です。また、精神症状が現れた際は、使用を止めて、一度専門医への相談しましょう。

チャンピックスを飲むと悪夢などの精神症状がでる

チャンピックスを服用すると、悪夢を見やすくなる、不眠症になる、眠気が生じるなどの副作用が生じます。

しかし、禁煙治療のガイドラインには、不眠や悪夢などのような精神神経症状が現れた場合の対処法が記載されていません。

そのため、精神症状が現れた場合は、まずは担当医師に相談しましょう。チャンピックスの服用は中止するか、ニコチンパッチなどの禁煙補助剤を使用するかを判断してもらえます。

チャンピックスは、ドパミン神経系に作用する医薬品です。ニコチンを体内に取り入れた時と同じように、脳内から少量のドパミンを分泌させてニコチン依存から解放される働きをします。このドパミン神経系に働きかける時に、悪夢や眠気、不眠などの副作用が生じるリスクがあるのです。

症状が悪化したり、日常生活に支障が出やすい場合などは、専門医に相談するのが良いでしょう。我慢して服用して、事故に遭ってしまっては本末転倒です。精神症状には特に注意して服用しましょう。

チャンピックスの服用で精神病を発症させてしまう可能性がある

チャンピックスの服用で、精神病を発症させてしまう可能性があります。精神病の既往症がなくても、そのリスクはゼロではないのです。中には、チャンピックスの服用を開始してから、うつ病を発症させた人もいます。

チャンピックスを服用しなくても、禁煙を始めると、離脱症状に悩まされます。主に、不安感やイライラなどが多いです。

チャンピックスの服用には、さらに強い精神作用がそこに加わります。主に、抑うつ気分・不安・興奮などの副作用が生じるのです。攻撃的になったり、自殺願望を持つようになった例もあります。

これらの精神作用が、チャンピックスが原因となっているかどうかの証明はされていません。しかし、症状が現れる可能性があるため、チャンピックスの服用中は、自身の精神状態をよく観察すると良いでしょう。
自己診断で続けると本当にうつ病になってしまう可能性があります。精神的な異常を自覚した際は、すぐに服用を中止し、医師に相談しましょう。

チャンピックスは、無理なく禁煙を実現させる、効果の高い医薬品です。しかし、個人で使う場合は特に注意が必要とされています。チャンピックスは、通販でも購入可能ではありますが、できるなら、医師の指導のもと、チャンピックスの服用を行ったほうが良いでしょう。

タバコを止められたとしても、うつ病などを発症させてしまっては、本末転倒です。また、現在精神疾患を既往中であれば、必ず医療機関と連携を取って服用しましょう。